葬儀・家族葬、お葬式なら創明ロイヤルセレモニーサービス

葬儀のご相談/ご質問等いつでもご対応致します

フリーダイヤル0120-15-5909

お問い合わせ 資料請求

ホーム
葬儀の知識
よくある質問
葬儀の知識についてのよくある質問

葬儀の知識についてのよくある質問

マナー・礼儀・作法

  • 葬儀のマナーを教えてください。
    まず、お心遣いいただいた方へ感謝の気持ちをお伝えすることが大切です。
    ご親戚も含め、ご会葬いただいた方や、お花・弔電をいただいた方にお気持ちをお伝えください。
  • 葬儀のときの服装を教えてください。
    通夜までは喪服ではなく地味な服装でよいでしょう。
    通夜では、基本的にご遺族・ご親族は喪服を着用します。
    正式には喪服を着ますが、慰問客の場合はあまり細かいことを気にせず、全体が黒の印象になるような服装であればよいでしょう。
    男性は、黒もしくは黒に近いスーツ、白無地シャツ、黒ネクタイ、黒靴下、光沢のないく黒靴など。
    女性は、全体的に黒の服装であれば、問題ありません。
    子供の場合は学校の制服であれば、男女問わず正式な礼服となります。
  • アクセサリーやお化粧はどのようにしたらいいでしょうか?
    女性は、派手にならないように結婚指輪以外のアクセサリーをはずす方が多いです。化粧もシンプルに控え目にしましょう。
    髪は長ければ後ろにまとめるなど、お悔やみに合ったスタイルにしましょう。
  • 喪服の他に必要なものを教えてください。
    数珠数珠の材質はどんなものでも構いません。仏具なので大切に扱いましょう。
    ふくさ紫、紺、グレーなどの不祝儀用のふくさを選びましょう。
    ハンカチ白無地か黒のフォーマル用にしましょう。
  • お焼香(献花、玉串)の作法を教えてください。
    お焼香は、通夜、葬儀、告別式で、参列者の心身を清め、故人の冥福を祈るために行われます。
    お焼香の作法は、宗派や地域によって異なります。弊社スタッフがご案内をいたします。
  • 香典について教えてください。
    香典は、通夜か葬式のどちらかに持参します。両方に参列する場合は通夜に渡す方が多いです。
    友人や近隣の方は五千円、職場や取引先の場合は五千~一万円、身内の場合は一万~三万円が一般的と言われていますが、故人や遺族との関係の深さ、年齢や社会的地位、葬儀の規模、他方のしきたりによって違ってきます。

あいさつ状・礼状

  • どのようなあいさつ状・礼状がありますか?
    弔電や供花(供物)のお礼状、ご葬儀後のあいさつ状や死亡通知状、遠方からの香典、年賀欠礼のあいさつ状などがあります。
  • 喪中はがきは、いつまでに出せばいいでしょうか?
    早い方は11月中に年賀状の準備をされるので、それまでにお出しすることをおすすめいたします。

お布施

  • お戒名料はいくらですか?
    弊社で紹介するご僧侶の場合、お選びいただくお戒名に合わせて、金額は明確に定めてあります。最も一般的なお戒名は17万円です。
  • お布施とお戒名料の違いは何ですか?
    読経とお戒名を付けていただいたことへのお礼がお布施です。
  • お車代とご膳料とは何ですか?
    お車代は、斎場までお越しいただいく交通費、ご膳料は精進落としなどに同席されない代わりとしてお渡しします。弊社のご紹介するご僧侶へのお車代、ご膳料を合わせた金額は定額となっております。
  • 菩提寺が遠方で葬儀に来ることができないのですが、どのようにしたらいいでしょうか?
    弊社にて、菩提寺の許可を得て僧侶を紹介させていただきます。
    菩提寺よりお戒名をいただき、弊社ご紹介のご僧侶に読経いただくこともできます。

ご臨終

  • 万が一のことが起こった時、何をすればいいのでしょうか?
    まずは、ご親族や親しい方々へ連絡をしてください。
    突然の悲報で混乱する場合がありますので、葬式の日取りが決まった後、他の方にもお伝えしましょう。
  • 病院や警察から紹介された葬儀社を断ることはできますか?
    はい、もちろんできます。
    葬儀社によってご葬儀の良し悪しが決まるといっても過言ではありません。まずは前もってご自身やご家族で話し合い、各葬儀社についてお調べいただくことをおすすめいたします。
  • 身内が亡くなった場合に必用な手続きは何でしょうか?
    役所への死亡届けの提出が必要となります。
    これらの必要なお手続きは私たちが代行いたしますので、ご安心ください。
  • 生前に準備しておくものは何でしょうか?
    1. ご葬家の宗教・宗派を調べておきましょう。
    2. 遺影写真。できるだけ鮮明なご本人の人柄が出ている写真をご準備ください。
    3. ご遺族・ご親族の名簿の作成。お知らせする方々の連絡先名簿を生前に用意しておきましょう。
    4. 一般弔問・会葬者数の予測。連絡先名簿から予測することができます。
    5. 世話役決め。親戚、勤務先、町内会などで引き受けていただきたい人を選んでおきましょう。
    6. 最後に着用する衣服。愛用されていたもの、ご本人が希望するものを用意しましょう。

ご搬送

  • 近所の方に分からないよう、故人を自宅に連れ帰ることはできますか?
    服装や車のデザインにより、お棺を運んでいることがわからないようにいたします。深夜・早朝にご自宅へお連れすることも可能です。
  • 深夜、早朝でも搬送していただけるのでしょうか?
    弊社では、24時間365日対応しております。時間にかかわらずいつでもご連絡ください。すぐにお迎えにまいります。
  • 遠距離の地方や海外で逝去した場合、搬送はどうすればいいのですか?
    遠距離でも全国ネットワークがありますので弊社にお任せください。
    国外の場合は現地日本大使館のアドバイスのもと特殊な手続きが必要となりますが、すべて弊社が代行するのでご相談ください。
    ご搬送が長距離や海外になりますと搬送費が高くなることが予想されます。まず見積りを依頼されることをおすすめいたします。

ご安置

  • 故人の安置はどのようにすればいいのですか?
    弊社が、病院や警察にお迎えにあがりお客様のご自宅へお送りいたします。お部屋とお布団やベットをご用意ください。弊社にてご安置と枕飾りを行います。
    ご自宅にお連れすることが出来ない場合は、弊社の式場でご安置させていただくこともできますのでご安心ください。
  • 自宅以外の安置場所はどこがありますか?
    代表的な安置場所としては、ご自宅のほか、安置専用施設・葬儀会館・寺院、貸し式場などがあります。
    従来はご自宅へ戻ることが一般的だったのですが、最近は集合住宅などの住宅事情により、ご自宅に戻らないケースが多くなっています。
  • 安置している間、付き添うこと、会うことは可能ですか?
    はい、可能です。
    ご安置の場所によりお時間の制限や予約が必要なこともありますので、ご希望のときは弊社にお問い合わせください。
  • お葬式まで日にちがある時はどうすればいいのでしょうか?
    家族が海外にいらっしゃるなどの事情などで、お葬式まで日にちがあくことがございます。
    毎日ドライアイスを交換することにより、お体の状態を保ちます。弊社スタッフにより行いますのでご安心ください。
    また、エンバーミングという特殊処置をいたしますと10日以上正常な状態を保つことも可能です。
  • 納棺師

    • 納棺師とは、どのようなことをしていただけるのでしょうか?
      白い着物への着せ替えではなく、スーツ・着物等、故人のお好きだった衣類の場合、納棺師がお着せしてご遺体を棺に納めます。また、湯かん(入浴)・洗髪・メイクを施したり、棺の中を綺麗に装飾いたします。
    • 納棺師による、湯かん(入浴)・洗髪・化粧はいつ行うのですか?
      ご逝去されてから、できるだけ早い時期に行うことで、お体の変化が始まる前に施術をすることができます。 その後も必要に応じてお手直しをします。
    • どのくらいの方が納棺師を依頼していますか?
      「おくりびと」の映画により、故人をより生前に近いご様子でと望まれる方が増えております。
      弊社では約8割の方にご利用いただいており、もっとも多くの方がお着せ替え+メイクをお選びになります。

    斎場

    • お葬式をする場所は自宅以外に主にどこがありますか?
      公営式場、民営式場、寺院式場、葬儀社式場、火葬場併設式場、寺院、集会場などがあります。
    • お葬式場所を選ぶポイントはなんでしょうか?
      予算や対応人数に限らず、それぞれの場所により利点がありますので、あらかじめ何通りかのケースを想定しておくことをおすすめします。
      会葬者がいらっしゃる場所によって交通の便がよい式場を選んだり、ご近所に知られたくないという場合、ご自宅から遠く離れた式場を選ばれるケースもございます。
    • できるだけ費用をおさえたいのですが?
      ご自宅でのご葬儀ですと、式場の使用料を押さえられます。
      また、公営式場は自治体で運営しているため、住民は安価で利用できます。ただし、常に予約が埋まり混み合っており一週間待つこともあります。

    寺院

    • 菩提寺への連絡はいつすればよろしいのでしょうか?
      亡くなられたら、葬儀社にて日程調整などをしてから菩提寺へご連絡いただけますと、戒名・読経の打ち合わせをスムーズに進めることが可能です。
    • 菩提寺が遠いときのお葬式はどうしたらよろしいのでしょうか?
      ご僧侶様にご葬儀をする場所まで来ていただきます。宿泊する場合は、宿の手配もいたします。 また、菩提寺から戒名だけいただき、読経は弊社が宗派に合わせて僧侶をご紹介することもできます。
    • 宗派が分からない時は、どうすればいいですか?
      まずはご親族にお尋ねいただき、分からない場合は私たちが一緒にお調べいたします。
      調べる方法はふたつあります。ひとつは、ご自宅もしくはご親族のお宅にあるお仏壇のご本尊と掛け軸から調べる方法です。もうひとつは、ご先祖様のご位牌に記されている戒名・法号から宗派を調べる方法です。お打ち合わせの際に、写真などでお見せください。

    日程

    • お通夜はいつすればいいのでしょうか?
      一般的には、お亡くなりになられた日の翌日以降になります。
    • 葬儀ができない日はありますか?
      友引は火葬場が休みのところが多く、告別式(火葬)ができません。
      友引でも営業を行っている火葬場もありますのでご相談ください。
      友引の日でもお通夜は可能です。
    • 葬儀日程の決定はどうしたらいいのでしょうか?
      代々使っている葬儀社だと決めやすいのですが、決まっている葬儀社がない場合は前もって数社の情報を集め比較検討しておくと、いざというときにスムーズに進みます。
      ご家族と宗教者様のご都合・式場と火葬場の空き状況などにより日程が決まります。 葬儀社で調整いたしますので、まずは弊社にご相談ください。

葬儀のご相談・資料請求・お見積もりなど、24時間いつでもお承り致します

お客様に合わせたお見積もりを、最短当日お届け致します

葬儀についてのご相談、いつでも無料でご対応致します

事前相談・葬儀お問い合わせ等いつでもご対応致します

お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ

COPYRIGHT (C) 2014 SOUMEI ROYAL CEREMONY SERVICE ALL RIGHTS RESERVED.