葬儀・家族葬、お葬式なら創明ロイヤルセレモニーサービス

葬儀のご相談/ご質問等いつでもご対応致します

フリーダイヤル0120-15-5909

お問い合わせ 資料請求

ホーム
葬儀の知識
はじめて喪主になる方へ

はじめて喪主になる方へ

喪主とは

喪主とは?

喪主とは祭祀を執り行う者です。
遺族の代表者として葬儀を行い、弔問を受けるのが喪主の役割になります。故人ともっとも縁の深い人がなるのが普通で、故人の配偶者や親、あるいは子、兄弟などが努めます。

喪主イメージ

施主とは?

一般的に通常の個人葬儀の場合『喪主』=『施主』で、施主は喪主が兼任することが多く、その役割も喪主と混同されていることが多いようです。
喪主は遺族の代表として弔いの中心になります。それに対し施主は「お布施をする主」という名前の通り、葬儀の費用を負担して運営に当たります。 喪主は原則として跡取り(遺産継承者)または祭祀継承者がなります。


喪主の役割

喪主にはやるべきことが非常に多く大変ではありますが、葬儀社のアドバイスがあるので、それほど難しく考える必要はありません。困ったときは、ご遠慮なく相談してください。 葬儀社との葬儀費用や段取りの打合せも、喪主ひとりではなく、息子や娘、又は親族の方にもお願いしてもよいでしょう。上記のことを全て喪主一人で行うと精神的にも肉体的にもかなりのご負担になりますので、喪主は会葬者・弔問者・僧侶の応対等をメインに考え、あとの仕事は他の方に協力を依頼してもいいかもしれません。
下記は主な喪主の役割です。

  • ご自身の宗派である寺の僧侶に葬儀を依頼する
  • 葬儀社と打合せ
  • 親戚・関係者などへの連絡をする
  • 会葬者・弔問客、僧侶の応対
  • 挨拶(葬儀終了時〈出棺前〉・初七日後・葬儀後日)
  • 事務引継ぎ・支払い(葬儀社、寺)
  • 香典返し
  • 各手続き(死亡届け、年金など)と納骨
  • 法要・四十九日、一周忌

誰が喪主を務めるのか

遺言で指定がある場合

遺言で喪主の指定があった場合は、その遺言に従って喪主を決定します。
特に指定がなかった場合には、下記のことに従い決めるとよいでしょう。

一般的な慣習によって選ぶ

一般的な慣習では、故人の配偶者が喪主になります。
古くは家督を継ぐという意味で故人の後継者が喪主を務めていましたが、現在はその意識が弱くなっていること、家族の最小単位が夫婦になっていることなどから、故人の配偶者が喪主を務めるケースが多くなっているのです。

血縁関係から選ぶ

配偶者が高齢であったり病気であったりする場合、体力が必要な喪主を務めるにはいささか無理があると言えます。
そのような場合には息子や娘、故人の兄弟姉妹など血縁関係の深い人から順に務めます。
配偶者以降の血縁関係は、深い方から長男、次男以降直系の男子、長女、長女以降直系の女子、故人の両親、故人の兄弟姉妹……といった順番になります。

血縁者がいない場合

故人に血縁者がいない場合、知人・友人や入所していた施設代表者が喪主を務めることになります。
この場合は喪主と呼ばれることは少なく、友人代表や世話人代表と呼ぶのが一般的です。

また、喪主は必ずしもひとりである必要はありません。
法律では祭祀継承者(家を祀る行事を受け継ぐ人)はひとりと定められていますが、喪主は複数でも構わないことになっています。

いずれの場合にしろ、迷ったときは葬儀社に相談するとスムーズに進みます。


喪主の心得

故人が何を望むかを判断基準にする

喪主が決めるべきことは数多くあります。例えば葬儀の祭壇を決めたり、どのような料理にするか、どの関係者までに連絡するか…。
喪主は故人との大切なお別れの儀式の責任者ですが、自分1人でなんとかしようと思わなくて大丈夫です。周りの家族や親族、担当者と話し合いながら決めていく人も大勢います。

家族や担当者とのコミュニケーション

葬儀社は喪主の負担が減るように、その喪家に合ったものを提案したり、随時アドバイスをしますが、もし気になることがあれば自分の意見はきちんと伝えておいたほうがいいでしょう。
サポートするときには、たとえ家族だとしても、きちんと確認するようにしましょう。確認を怠ってしまうと葬儀を終えた後に「勝手に決められた」と誤解を生んでしまうケースもあるので気をつけましょう。

葬儀当日すべきこと

葬儀当日は確認すべきことが多かったり、親族や会葬者に挨拶をしたり、宗教者に挨拶をしたり、とすべきことがたくさんあります。あまり時間がないので「あれもこれもしよう」と思っているときつくなるかもしれませんので無理はしないようにしましょう。


喪主の準備すべき4つのポイント

どんな葬儀をしたいのか

どんな葬儀をしたいのかイメージ

葬儀社を選ぶ前に、どのような葬儀を行いたいのかを喪主様(ご遺族)が決めておくことは、葬儀をスムーズに進めるために大切です。 何人くらい呼ぶのか、低予算にしたいのか、美しい花にこだわりたいのか。
決める方法で一番良いのは、故人様だったらどんな葬儀が喜ばれるかに想いを馳せることです。 葬儀の形式や特徴により、葬儀社によって対応できるかが違ってきます。

葬儀社を選ぶ

葬儀社を選ぶイメージ

葬儀社の見分け方に、決まったやり方があるわけではありません。喪主様それぞれ、葬儀社に望まれることが違うからです。
喪主様の様々なご要望に、臨機応変にしっかりと対応できる葬儀会社が、よい葬儀会社です。

詳細はこちらのページ「葬儀会社の選び方」をご覧下さい。

費用について

費用についてイメージ

葬儀社が決まったら、葬儀社と一緒に葬儀のプランを決めていきます。
葬儀社を選ぶ前に想定していた、どんな葬儀をしたいのかを、今度は選定した葬儀社と一緒に考えていきます。
重要なのは、要望と予算のすり合わせです。現実的に予算内で何ができるのか、見定めていきましょう。

プランについてはこちらのページ「ご葬儀プラン」をご覧下さい。 費用についてはよくある質問はこちらのページ「費用についてのよくある質問」をご覧下さい。

葬儀の流れ

葬儀の流れイメージ

葬儀社とプランが決まれば、あとは葬儀担当者にうながされ、流れ通りに進行していきます。 このとき、あらかじめ葬儀全体の流れを理解していると、心にも余裕が生まれ、より故人を想うことができるはずです。

葬儀の流れついてはこちらのページ「葬儀の流れ」をご覧下さい。

葬儀のご相談・資料請求・お見積もりなど、24時間いつでもお承り致します

お客様に合わせたお見積もりを、最短当日お届け致します

葬儀についてのご相談、いつでも無料でご対応致します

事前相談・葬儀お問い合わせ等いつでもご対応致します

お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ

COPYRIGHT (C) 2014 SOUMEI ROYAL CEREMONY SERVICE ALL RIGHTS RESERVED.