葬儀・家族葬、お葬式なら創明ロイヤルセレモニーサービス

葬儀のご相談/ご質問等いつでもご対応致します

フリーダイヤル0120-15-5909

お問い合わせ 資料請求

ホーム
ご葬儀プラン
社葬

社葬

社葬 プラン一覧

社葬とは?

企業が主体となって執り行う葬儀のスタイルです。

規模に関わらず、企業が主体となって行う葬儀のことを社葬と呼びます。創業者や役員など、企業の発展に貢献されていた方が亡くなった場合に行うのが一般的です。
社葬の担当者様は、式次第の確認から参列者への案内など、事前に入念な準備をする必要があります。

社葬イメージ

社葬の特長

  • 故人様の生前の功績を偲ぶ場
  • 専門的なノウハウが必要となります。
  • 企業の方向性や体制を社外へ示す場でもあります。

社葬のよくある質問

  • 会社の代表が亡くなった場合、社葬となりますか?
    企業や会社が主体となって葬儀費用を負担し執り行う葬儀を社葬と呼びます。会社を代表される方だけでなく社員のご葬儀でも、会社が葬儀費用を負担する場合は社葬となります。
    ですから会社を代表される方が亡くなった場合でも、ご遺族が葬儀の費用を負担する場合は社葬にはなりません。
  • 社葬で気を付けるべきことは何でしょうか?
    多くの方へもれなく連絡を取るよう注意します。またスタッフの数や会場の準備、料理や返礼品の数なども変わりますので、できるだけ正確な人数を予測することが大事です。
    大勢のご会葬者がいらっしゃいますので、問題なく式が進行できるよう事前準備し、葬儀の日時・場所についての連絡や受付係や会計係など人員の手配など漏れがないようにします。また、ご会葬の皆様への感謝のおもてなしがしっかりと表現できる式にすることが必要です。
  • 予想していたよりも多くの参列者がいらっしゃった場合は、どうすれば良いでしょうか?
    予想以上に参列者がいらっしゃった場合にも対応ができるよう、弊社が万全な準備をするのでご安心ください。
    予備の返礼品はご使用いただいた分だけの精算となります。料理も予備を用意し、できるだけ不足がないように準備いたしております。
  • 予会社の代表や役員が亡くなったら社葬にすべきですか?
    社葬とは、企業が葬儀費用を負担して、葬儀を取り仕切る葬儀のことです。会社の代表者の方であっても、ご家族が窓口になり、ご家族が葬儀費用を負担するのであれば、個人葬となります。社員であっても、会社が葬儀費用を負担する場合は、社葬となります。
  • 参列者人数の予想ができません。予想の手順を教えてください。
    まず親族の人数を把握します。
    それから年賀状や携帯電話の登録数などを参考に、ご友人、仕事関係、ご近所など、人数の予測を出していきます。
    ご遺族の関係者も同じように予測します。

葬儀のご相談・資料請求・お見積もりなど、24時間いつでもお承り致します

お客様に合わせたお見積もりを、最短当日お届け致します

葬儀についてのご相談、いつでも無料でご対応致します

事前相談・葬儀お問い合わせ等いつでもご対応致します

お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ

COPYRIGHT (C) 2014 SOUMEI ROYAL CEREMONY SERVICE ALL RIGHTS RESERVED.